木工
2015-03-17 15:24:51 +0000
36

家具を仕上げる前に木目を上げるのは何のため?

今、ブラックウォールナットのエントリーベンチを作っているのですが、仕上げる前に木目を上げるべきかどうか悩んでいます。ベンチを仕上げる前に木目を上げるべきかどうか悩んでいます。今まではそうしていませんでした。木目を上げた方が良いと聞いたことがあります。それでも、何のために木目を上げた方が良いのかが分かりません。

では、水性のステインやニスで家具を仕上げる前に木目を上げた方が良い目的やメリットは何でしょうか?

回答 [4]

34
2015-03-17 15:31:15 +0000

水性の仕上げ剤を使用する前に木目を上げたいと思いますが、それらもまた木目を上げますが、あなたは十分な擦り取り/砂を取り除くことができません。それは木のいくつかの種類を変色させることができます任意のミネラルを持っていないので、私は、蒸留水を使用することをお勧めします。表面を浸水しないでくださいが、きれいな布で拭いて、それを完全に乾燥させることができます。盛り上がった木目を優しく削ったり、砂をかけたりして、水拭きした後に木が滑らかになるまで必要に応じて繰り返します。

34
13
2015-04-06 19:27:47 +0000

水は木の繊維を膨らませ、塑性的に(永久に)変形させます。これにより、サンディングやスクレイピングで準備したものよりも粗い表面になってしまいます。染色した後にサンディングをすると、通常は色が不均一になり、さらに均一にするためにもう一塗りのステインが必要になります。普通の水で木目を整え、~320グリットで軽くサンディングして木目を取り除くと(乾燥後に)、WBステインを塗布することができ、乾燥後にトップコートを塗布しても滑らかな表面になります。ステインや染料を使用していない場合は、WBトップコートの下地処理をするメリットは本当にありません。トップコートの1回目は、軽くサンディングしても良いでしょう。そうすることで、WBステインや染料を塗布したときに、木の繊維に吸収されるレベルが前回の湿潤状態を超えないようになり、木目が浮き上がってしまうことがなくなります。針葉樹の木の木目は、通常2回に分けて、1回目は表面を浸水させ、サンディングし、2回目は軽く湿らせます。針葉樹は、木目が大きく盛り上がるのに十分な水分を含んでいるので、その部分の膨らんだ繊維は、平らにサンディングすることで除去されます。2回目の施工では、これらの部分に対応しています。

13
12
2015-03-17 15:34:57 +0000

木目を上げることは、実際の仕上げを適用する際に膨らむ可能性のある繊維を引き出すのに役立つだけでなく、事前にウッドコンディショナーで木目を飽和させることで、あなたが美しい仕上げをしようとしているときに、あなたが通常望むものである "飛び出す"(より視覚的に魅力的である)木目を作るのに役立ちます。

12
11
2015-06-04 13:11:58 +0000

良い答えですが、誰もまだ言及していないようですが、材木の種類によっては木目が荒れやすいものとそうでないものがあるということです。私の(かなり限られた)経験から、より密な広葉樹は木目の起毛や "ふわふわ "になりにくいようですが、これはすべての場合に当てはまるわけではないかもしれません。こちらのリンクをご覧ください http://www.wood-finishes-direct.com/info/faq#should-i-worry-about-raising-the-wood-grain

**粒上げ(水性の製品で)は気になるところですか?木目は手触りがザラザラしている感じではなく、どちらかというと風合いのある感じです。言い換えれば、木の模様が木目を通して感じられるということです。お客様の中には、木の感触が好きな方もいらっしゃいます。ニスのいくつかのコートが適用されている場合は、木目の上昇は本当に問題ではありませんが、ワニスが上昇した木目の上にシールする傾向があるため、このように滑らかな表面を作成しています。メランティ材の場合は、下塗りをして、仕上げの鍵となるようにサンディングをして(これは木目を平らにする効果もあります)、上塗りをすると、とても滑らかな仕上がりになります。それは仕上げプロセスの denibbing/キーイング段階はもう少し努力が必要ですが、別のプロセスとして穀物を上げるための必要性が削除されていることを意味します。

私は "気にしないでください "とは言わないだろうが、私はあなたが達成しようとしている仕上げのタイプについて考えるだろうし、それはあなたが使用している木材の特定のタイプでそれの価値があるかどうか。

11

関連する質問